ロードバイクで伊豆大島一周! 【上陸前夜】フェリーで伊豆大島へ!

ロードバイクで伊豆大島一周! 【上陸前夜】フェリーで伊豆大島へ!
こんにちわのり
 
前回に引き続き、ロードバイクで伊豆大島一周旅行の話です。
 
前回は準備編として、フェリー乗船券の購入方法と伊豆大島へのアクセス・輪行方法を紹介しました。
今回はわのりが実際にフェリーで輪行した様子を紹介します!
 
↓前回の記事はこちら
 
 

あらすじ

 
人見知り貧脚ローディーわのりは、ロードバイク系Youtuber「CYCLINGMAN」さんと放浪系Youtuber「つっち」さん企画のロードバイクで伊豆大島一周ツアーに参加するのだった・・・。
 

竹芝桟橋へのアクセス

ツアー初日(と言うか、深夜フェリーのため1日目の前夜)、伊豆大島に渡るフェリーに乗るため東京の竹芝桟橋に向かいます!

竹芝桟橋へはゆりもめの「竹芝駅」、JR山手・京浜東北線の「浜松町」または都営大江戸線「大門駅」から歩いて向かうことになります。

今回わのりは「大門駅」から向かいましたが、結構駅から離れているため、輪行袋担いでそこそこ歩きました・・・。(汗)

可能であればゆりかもめの「竹芝駅」から向かった方が近いのでおすすめです。

 

竹芝桟橋近くの竹芝ふ頭公園広場
 
 
何かイベントをやっていたのと、シーズンと言うこともあり結構混んでました。
 
ちなみに今回使用した輪行袋はオーストリッチのロード320。
定番中の定番ですね。
 
 

乗船券の発券

竹芝桟橋に着いたらターミナルで乗船券の発券をします。

 
夜なのでちょっと分かりづらいですが、上の写真に写ってるビルの1階部分がターミナルになっており、乗船券の発券所があります。
 
 
発券所はこんな感じ。
 
行き先によって発券場所が違うので注意!
予約番号を伝えお金を払うと下の画像の乗船券が発券されます。また、フリー乗船券の場合はビニールシートも渡されます。
ビニールシートを何に使うのかは後述します。(これが結構大事!)
 
 
また、ただ発券した状態ではフェリーに乗船できず、乗船券の右側のピンク色の部分に緊急連絡先やフェリー乗船の目的(サイクリング・ダイビングなど)を記載する必要があります。
 
発券所の直ぐ近くに下の画像のような記入台が設置されているので、ここで必ず記入をしましょう!
 
 
 
 

ツアーメンバー集合

今回はあらすじにも書いた通りツアー企画の参加だったので、乗船券を発券後、竹芝ふ頭公園の一角に輪行袋を持って集合しました。

参加されたメンバーの方は年齢もまちまちで、私より年上の方や学生の方もいらっしゃいました。

全員集合したらフェリーの乗船開始時間まで待機!

 

Advertisement

いざフェリーへ

乗船開始と共にフェリーに乗り込みます!

と言っても乗船券の客室グレード順に乗船するらしく、フリー乗船券は一番最後の乗船となります。

ここで重要なのが甲板の場所取り!
フリー乗船券は部屋が割り当てられていない乗船券なので、甲板等に先ほどもらったビニールシート等を引いて過ごすことになります。

そのため、乗船したらダッシュで甲板へ場所取りに動く人が多数!

今回は既にこの事情を把握してる猛者メンバーが場所取りをして下さって、壁際に場所を取ることができました。

場所取りメンバー以外は輪行袋を係員の指示する場所に置いてから甲板へ。

 

最初は人が少ない甲板ですが、どんどん乗船してきて・・・。

 

 

最終的にはこんな感じに!!

 

私たちは壁際を確保!

 

前夜祭

伊豆大島まで約6時間。

時間はたっぷりあるので、自ずとビール片手に乾杯!
前夜祭が始まります。

と言ってもそれでも時間が余るので少し船内を探索してみました。

 

船内通路

 

 

自販機も多く設置されており、アルコールやカップ麺なども販売しています。

 

ちょっと風に当たってみたり

 

伊豆大島が見えてきた!

そうこうしている内にいつの間にか明るくなってきて、ついに伊豆大島が見えてきました!

ほぼ寝てないです(笑)

 

 

今回はここまで。

 

次回は伊豆大島到着〜大島一周サイクリングの様子を紹介します!

ではでは〜

 

 

 
この記事が良いと思った方はぜひ下の各NSシェアボタンをクリック!!
ツイッターで記事の更新をお知らせしているので、こちらもフォローお待ちしています!
 

ロードバイクカテゴリの最新記事