ツール・ド・東北で100㎞走破!ホビーライダーが初のライドイベントに参加してみた!【受付編】

ツール・ド・東北で100㎞走破!ホビーライダーが初のライドイベントに参加してみた!【受付編】
 
こんにちわのり
 
ロードバイク沼にずっぷりの現代っ子税理士わのりです。
 
 
ロードバイクに乗り始めて約1年半ほどのわのりですが、
先日初めてサイクルイベントに参加してきました!!
 
参加したイベントはローディーには結構有名なツール・ド・東北
 
今回から数回に渡ってツール・ド・東北旅行の様子を記事にしたいと思います。
 
 
今回は会場の石巻までの移動〜参加受付までの様子をまとめました!
 
 
Advertisement

初のサイクルイベントエントリー

 
今年のツールド東北のWEBエントリーは5月末あたりに開始されました。
元々は会社の先輩と二人で参加する予定だったんですが、わのりがエントリー完了後に先輩からドタキャンの連絡が・・・。(T . T)
 
ということで一人で参加することに・・・。
 
 

まぁいつも1人で走ってるから別にいいか

avatar

わのり

 
って感じで参加が決まりました。
 
 
ちなみにツールド東北はエントリーの競争率が高いらしく、受付開始後すぐに枠が埋まってしまうとのこと。
 
しかも今回はエントリーページへのアクセス集中でサーバーがダウンしていました。(運営しっかり!)
 
 
わのりも受付開始から更新ボタン連打でなんとかエントリー出来ましたが、
エントリー完了できたのが受付開始から4時間後・・・。
 
来年はエントリーサイトのサーバーが強化されていることを祈ります。
 
 

受付票が届いた!

 
そんなこんなで8月下旬。
ついに受付票が届きました!
 
 
流れとしては、この受付票を会場で渡してレースに必要となるゼッケン等が配布される感じです。
 
 

自転車を会場へ輸送

 
受付票と旅行の準備をしたらあとは自転車の準備です。
 
仙台までの輪行も考えましたが大会翌日も仙台周辺の観光をする予定だったので、今回は西濃運輸さんのカンガルー自転車便で大会会場まで郵送しちゃいました。
 
カンガルー自転車便の詳細は前に書いた記事で紹介してますので是非!
 
↓記事リンク
 
 

いざ東北へ!

 
そんなこんなでついにイベント前日の9月15日(土)。
イベント受付は9月15日しか出来ないので前日のうちに宮城県入りします。
 
まずは新幹線で東京駅 → 仙台駅へ移動。
 
2時間ぐらいで着いちゃいます。はえー!
 
 
 

仙台といえば牛タン!

 
受付会場は石巻のため、仙台からさらに1時間半ぐらい移動しなければならないのですが、昼前に着いたのでまずは昼食。
 
仙台で昼食と言ったらもうあれしかないですね。
 
そう牛タン!
 
新幹線の中央改札を出てすぐ右手に「牛タン通り」という牛タン有名店が並んでいる食堂街があるので今回はこちらの1店善治郎で昼食!
 
 
 
11時半ぐらいについて30分程並び入店。
 
カウンター席に案内されると目の前で牛タンを焼く様子が伺えました。
 
 
 
 
今回注文したのは牛タン定食5枚(10切れ)2,200円!
 
 
めちゃ旨な牛タンで体力を付けます!!
Advertisement
 

イベント受付

 
牛タンでエネルギー補充後、駅のコインロッカーに受付に不要な荷物を預けて会場に向かいます。
 
ちなみに土曜日ということもあり仙台駅のコインロッカーはどこもいっぱい。
運良く取り出される方がいたので、すぐさま荷物を預けました。
 
 
 
 
まずは仙台駅から石巻駅に電車で1時間ほど移動。
改札を出ると駅から会場(石巻専修大学)への無料シャトルバスの案内板があります。
 
 
 
 
無料シャトルバスにのって約30分。
やっとこさ会場に着きました!
 
 
Advertisement
 
会場にはイベントステージや屋台などが出ていますがとりあえず参加受付。
 
受付をすると当日使用するゼッケンなどが渡されます。
 
 
 
ゼッケンの他にも協賛のポールスミスのバンダナや、ツールド東北のTシャツ、ライド中に携帯するGPSビーコンなどを渡されるので、ビーコンなどのイベントに必要なものはロードバイクにセッティングしましょう!
 
 
↓ビーコンはこんな感じ
 
Advertisement
 

輸送したロードバイクを組み立てる!

 
受付が終わったら、今度は輸送していた自転車の受け取りと組み立て。
 
会場内に西濃運輸さんの特設スペースがあるので、名前とゼッケン番号を伝えて自転車を引き取り。
その場にある組み立てスペースで組み立てます。
 
 
 
 
組み立て後に会場を散策していると自転車の整備コーナーが!
しかも基本メンテ(ワイヤーの張りや駆動系の動作確認など)が500円で受けれるとのこと!
 
さっそくわのりも依頼しました!
 
 
結果としては特に問題はなかったですが、少しワイヤーの張りが強かったらしく調整してもらいました。
 
ちなみに整備代の500円は東北に寄付されるとのこと。
整備もできて寄付もできるというなんかお得な気分に。
 
 
 
その後はイベントステージを少し見学し、会場内のサイクルクロークにロードバイクを預けて仙台に戻ります。
クロークの係員も石巻専修大学の女子学生っぽく、東北の方全員がこのイベントを支えてるんだなぁと感じました。
 
 
 

絶品「四川風麻婆まぜそば」を食す!

 
仙台に戻ったら明日も早い(3時半起きです)のでちゃちゃっと夕飯を済ませ宿へ。
 
夕食は「仁屋」というラーメン屋の四川風麻婆まぜそば!
 
これがめちゃくちゃ旨い!!!
 
 
仙台に来た方は是非寄ってみてください!
 
 
 
今回はここまで!
次回はイベント当日の朝〜イベントの様子を書きます!
 
ではでは〜
 
↓次回の記事

 

この記事が良いと思った方はぜひ下の各SNSシェアボタンをクリック!!
ツイッターで記事の更新をお知らせしているので、こちらもフォローお待ちしています!

ロードバイクカテゴリの最新記事